紅葉坂を登らなくても大丈夫です!無料シャトルバス情報

「神奈川県立音楽堂、好きなホールだけど、坂がキツいなあ」。よく聞くお声です。

音楽堂はJR桜木町駅北口改札から徒歩約10分弱(人によります)、また東急東横線直通みなとみらい線みなとみらい駅改札からも20分で歩ける距離ですが、いずれも最後に紅葉坂を登っていただく必要がありました。

しかし近年は主催公演などの開場・開演時間に合わせてJR桜木町駅前のバスターミナルから無料のシャトルバスを運行しております。乗り合いの路線バスの貸切タイプになりますので予約不要・当日先着順で定員を超えるとご乗車いただけませんが、一度ご利用になってみてはいかがでしょうか。出発から10分弱で音楽堂正面入り口に到着します。

運行時間は公演ごとに違い、スティーヴン・イッサーリス チェロ・リサイタルでは
①13:55 ②14:10 ③14:25 ④14:40 の4本です。乗り場はこちらをご覧ください。

なお、往路のみの運行で復路はございませんので、コンサート終了後は、音楽の余韻にひたりながら、ゆったりと、名物・紅葉坂を下っていただければ幸いです。

また、京浜急行日ノ出町駅からは残念ながらバス運行はございません。こちらも登坂ですが、紅葉坂よりはゆるやかな坂になります。こちらは約13分かかりますので、名物・野毛の切通しの歴史的石垣などを眺めがら、お時間に余裕をもってご来場いただければ幸いです。

その他、横浜駅からのバス便等もございます。詳しくはこちらをご覧ください

2022-23 音楽堂ヘリテージ・コンサート

神奈川県立音楽堂は、1954年に日本初の本格的な公立音楽ホールとして開館し、モダニズム建築の巨匠、前川國男の傑作といわれる建物と、「木のホール」の美しい音響ともに愛されてきました。開館当初の「特別演奏会」から2000年代にスタートした「ヴィルトゥオーゾ・シリーズ」まで様々なコンサートシリーズに世界的名手たちが名演奏を残し、2021年神奈川県指定重要文化財に指定されました。時をおうごとに「リビング・ヘリテージ(生きた遺産)」としてその存在感はますます増しています。「音楽堂ヘリテージ・コンサート」はその脈々たる流れをくみ、名手たちによる音楽の真髄をお届けします。未来へ継承すべき人類の至宝(ヘリテージ)といえる名演奏の輝きをお楽しみください。