【発売日決定!】アンサンブルセット券とアンサンブル・アンテルコンタンポラン&プラハ・フィルハーモニア管弦楽団 の単独券いよいよ発売!

日本初の本格的な公立音楽ホールとして開館し、名演奏の舞台として「リビング・ヘリテージ(生きた遺産)」となってきた音楽堂。その脈々たる流れをくみ、未来へ継承すべき人類の至宝(ヘリテージ)といえる名手たちによる音楽の真髄を聴く新シリーズ<音楽堂ヘリテージ・コンサート>その真骨頂ともいえるアンサンブルセット券と2つの公演の単独券発売日が決定しました。
<音楽堂ヘリテージ・コンサート2021>
【単独券 KAme 先行:5月7日(金)  一般発売: 5月18日(火)】
【単独券 KAme先行:5月1日(日)   一般発売:5月7日(金)】
9月26日 (日)イ・ムジチ合奏団 *単独券発売日未定
お得なヘリテージ・コンサートセット券
●アンサンブルセット券【5月7日(金)発売開始】●印3公演が 23,500円 ←26,000円のところ
■ピアノセット券【発売中】■印2公演 10,500円←11,500円のところ
◎年間セット券【発売中】シリーズ全5公演 34,000円←37,500円のところ
*各公演の一般券またはS席から公演ごとにお好みの座席をお選びいただけます。
[公演中止・チケット払戻手続中]
上記2公演のチケットの払戻し期限は5月6日までです。お早めにお手続きをお願いいたします。

2021-22 音楽堂ヘリテージ・コンサート

神奈川県立音楽堂は、1954年に日本初の本格的な公立音楽ホールとして開館し、モダニズム建築の巨匠、前川國男の傑作といわれる建物と、「木のホール」の美しい音響ともに愛されてきました。開館当初の「特別演奏会」から2000年代にスタートした「ヴィルトゥオーゾ・シリーズ」まで様々なコンサートシリーズに世界的名手たちが名演奏を残し、時をおうごとに「リビング・ヘリテージ(生きた遺産)」としてその存在感はますます増しています。2021年春にスタートする新シリーズ「音楽堂ヘリテージ・コンサート」はその脈々たる流れをくみ、名手たちによる音楽の真髄をお届けします。未来へ継承すべき人類の至宝(ヘリテージ)といえる名演奏の輝きをお楽しみください。