アンサンブル・アンテルコンタンポランの音楽監督、マティアス・ピンチャーから日本の皆様へメッセージ!

アンサンブル・アンテルコンタンポランの音楽監督、マティアス・ピンチャーから、日本のお客様へのメッセージ!サントリーホールと神奈川県立音楽堂で合同オンライン取材をさせていただいたときにいただいた動画を、サントリーホールさんがアップしてくださったので、ちゃっかりリンクをご紹介させていただきます。

ピンチャーさん、「東京に行くのはとても楽しみ」とのことですが、横浜のプログラムについても、熱く語ってくださっていましたので(中身は雑誌「イントキシケイト」「ぶらあぼ」「音楽の友」ほかでのご紹介記事をどうぞ)、「東京(&横浜)(さらに水戸も…)」ということで思いを受け止めていただければ幸いです。

写真をクリックすると動画サイトにとべます!↓↓↓↓

©Franck Ferville

2021-22 音楽堂ヘリテージ・コンサート

神奈川県立音楽堂は、1954年に日本初の本格的な公立音楽ホールとして開館し、モダニズム建築の巨匠、前川國男の傑作といわれる建物と、「木のホール」の美しい音響ともに愛されてきました。開館当初の「特別演奏会」から2000年代にスタートした「ヴィルトゥオーゾ・シリーズ」まで様々なコンサートシリーズに世界的名手たちが名演奏を残し、時をおうごとに「リビング・ヘリテージ(生きた遺産)」としてその存在感はますます増しています。2021年春にスタートする新シリーズ「音楽堂ヘリテージ・コンサート」はその脈々たる流れをくみ、名手たちによる音楽の真髄をお届けします。未来へ継承すべき人類の至宝(ヘリテージ)といえる名演奏の輝きをお楽しみください。