温かなチェロで、ただ音楽を愛す―朝日新聞に掲載されました!

音楽家としてのキャリアは音楽との恋に落ちることから始まる。音楽をやるのはあなたのキャリアのためじゃない、音楽への愛のためなのです―来日直前のイッサーリスにONLINEで取材した文化部・吉田純子記者のインタビュー記事が、本日の朝日新聞に掲載されました!

記事はこちらから読めます>>>

2022-23 音楽堂ヘリテージ・コンサート

神奈川県立音楽堂は、1954年に日本初の本格的な公立音楽ホールとして開館し、モダニズム建築の巨匠、前川國男の傑作といわれる建物と、「木のホール」の美しい音響ともに愛されてきました。開館当初の「特別演奏会」から2000年代にスタートした「ヴィルトゥオーゾ・シリーズ」まで様々なコンサートシリーズに世界的名手たちが名演奏を残し、2021年神奈川県指定重要文化財に指定されました。時をおうごとに「リビング・ヘリテージ(生きた遺産)」としてその存在感はますます増しています。「音楽堂ヘリテージ・コンサート」はその脈々たる流れをくみ、名手たちによる音楽の真髄をお届けします。未来へ継承すべき人類の至宝(ヘリテージ)といえる名演奏の輝きをお楽しみください。