〈開催決定!〉クロノス・クァルテット【来日公演中止代替企画】 テリー・ライリー「サン・リングズ」 スペシャル・セッション&トーク

クロノス・クァルテット【来日公演中止代替企画】
テリー・ライリー「サン・リングズ」
スペシャル・セッション&トーク

ひとつの地球、ひとつの人類、ひとつの愛 — 時空を超えた地球讃歌!

 

この秋、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となったクロノス・クァルテット来日公演の代替企画の開催が決定!チケット発売中です。

来日公演で日本初演を予定していた巨匠テリー・ライリー の「サン・リングズ」は、NASAの依頼で作曲され、遠い宇宙から採取された音と弦楽四重奏、合唱を融合させ、終曲では「ひとつの地球、ひとつの人類、ひとつの愛」を謳いあげる全10楽章の大作です。

音楽堂では、今こそ多くの人と共有すべきこの音楽を伝えたいと、クロノス・クァルテットに協力を依頼。共演を予定していた合唱団やえ山組合唱団やえ山組 プロフィールとクロノス・クァルテットが、「サン・リングズ」から、特に平和への祈りがこめられた楽章を、日米それぞれで収録し、合わせるスぺシャル・セッション映像の制作を進めています。

完成した映像を、日本初演のはずだった10月3日、音楽堂のスクリーンで公開するとともに、当初来日公演プレ・イベントとして別会場で予定していた〈街なかトークカフェ〉も音楽堂に移し同日開催します。今年2月アメリカに渡りテリー・ライリーとクロノスのリーダー、デイヴィッド・ハリントンにインタビューした松山晋也と、音楽堂〈街なかトークカフェ〉ナビゲーターを務める田中泰が、クロノス・クァルテット、テリー・ライリーの音楽、そして「サン・リングズ」スペシャル・セッションの魅力を語ります。クロノス・ファン必見、必聴の時空を超えたセッションにご期待ください!

 

開催日時:2020年10月03日(土) 17:00開演 (16:30開場)

会場:神奈川県立音楽堂

映像出演:クロノス・クァルテット 合唱団やえ山組 合唱指揮:岩本達明
トーク出演:松山晋也(音楽評論家)
ナビゲーター:田中 泰(日本クラシックソムリエ協会理事長)

プログラム Program
Ⅰ 街なかトークカフェ・音楽堂編 スペシャル・トーク Special Talk

Ⅱ テリー・ライリー「サン・リングズ」より スペシャル・セッション (映像公開)
Special Session from Terry Riley:Sun Rings
第5楽章 アース・ホイッスラーズ Earth Whistlers *

  第8楽章 プレイヤー・セントラル Prayer Central *
  第10楽章 ワン・アース ワン・ピープル ワン・ラブ One Earth, One People, One Love
     * =合唱団やえ山組 共演

 

KRONOS QUARTET SUN RINGS ⓒWojciech Wandzel

 

 

合唱団やえ山組

松山晋也(音楽評論家)*2020年2月カリフォルニアにて、テリー・ライリーのインタビュー

田中 泰(日本クラシックソムリエ協会理事長)

 

 

 

 

チケット:全席自由:2,000円
車椅子席:2,000円(付添1名無料)*所定の車椅子スペース・枚数限定
※全席自由席ですが、隣との間隔を空けて配席いたします。あらかじめご了承ください。

チケットかながわ TEL 0570-015-415
チケットぴあ [Pコード 187-206] 
イープラス
ローソンチケット [Lコード 33769]

※8月28日現在の予定です。やむを得ない事情により変更されることがあります。

主催:神奈川県立音楽堂 TEL 045-263-2567

音楽堂ヴィルトゥオーゾ・シリーズ

1954年、日本初の本格的な公立音楽ホールとして開館した神奈川県立音楽堂には、歴史に名を刻む世界的名手たちが次々と訪れ、今も伝説に語り継がれる名演奏を残しました。「音楽堂ヴィルトゥオーゾ・シリーズ」はその脈々たる流れをくみ、人類の至宝といえる名手たちが紡ぐ音楽の真髄をお届けします。開館当初『東洋一の響き』と絶賛され、開館65周年のリニューアルでより深みをました「木のホール」の美しいアコースティックで、未来への架け橋となる名演奏をご堪能ください。