イッサーリスP・3公演セット券も含めチケット追加発売

このたびの政府の新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインの改訂にともない、9/1からの先行予約開始時に1席おきに配置しておりました、スティーヴン・イッサーリス室内楽プロジェクト<ロシアの唄と舞曲と悲歌>1/30(土)31(日)公演のお席を、9/19からの一般発売に合わせて連番可で配置しなおして追加発売いたします。
そのことにより、従来発売していなかったお席が発売され、先行予約でお買い上げを頂いていた方のお隣に新しくお客様がお座りになる場合もございます。予めご了承ください。
先行予約で2席以上1組として1席おき間隔で購入されていたお客様につきましては、追加発売によってお連れ様同士の間に新しいお客様がお座りになることはないように配慮しておりますのでご安心ください。(※ご予約時にお申し出のお名前で調整いたしておりますのでご了承ください。)
また、現在予定セット数終了となっておりました、かなっくホールとの3公演セット券も、9/19の一般発売と同時に追加発売いたします。限定セット数・チケットかながわかなっくホールのみにて発売ですのでお早めにお申し込みください

 

2021-22 音楽堂ヘリテージ・コンサート

神奈川県立音楽堂は、1954年に日本初の本格的な公立音楽ホールとして開館し、モダニズム建築の巨匠、前川國男の傑作といわれる建物と、「木のホール」の美しい音響ともに愛されてきました。開館当初の「特別演奏会」から2000年代にスタートした「ヴィルトゥオーゾ・シリーズ」まで様々なコンサートシリーズに世界的名手たちが名演奏を残し、時をおうごとに「リビング・ヘリテージ(生きた遺産)」としてその存在感はますます増しています。2021年春にスタートする新シリーズ「音楽堂ヘリテージ・コンサート」はその脈々たる流れをくみ、名手たちによる音楽の真髄をお届けします。未来へ継承すべき人類の至宝(ヘリテージ)といえる名演奏の輝きをお楽しみください。