イッサーリス「神奈川芸術プレス」表紙と巻頭インタビュー掲載

11月15日発行の「神奈川芸術プレス」の表紙と巻頭インタビューはイッサーリス!
2020年1月に来日し、今回のプロジェクト<ロシアの歌と舞曲と悲歌>について語った貴重なもの。テーマのキーワード<ロシア>と自らのつながり、ロシアを代表するピアニストの一人だった祖父ユリウスの曲についてなど、コンサート前にぜひ読んでおきたい興味深い内容がたくさんです!
是非ご覧下さい!

音楽堂ヴィルトゥオーゾ・シリーズ

1954年、日本初の本格的な公立音楽ホールとして開館した神奈川県立音楽堂には、歴史に名を刻む世界的名手たちが次々と訪れ、今も伝説に語り継がれる名演奏を残しました。「音楽堂ヴィルトゥオーゾ・シリーズ」はその脈々たる流れをくみ、人類の至宝といえる名手たちが紡ぐ音楽の真髄をお届けします。開館当初『東洋一の響き』と絶賛され、開館65周年のリニューアルでより深みをました「木のホール」の美しいアコースティックで、未来への架け橋となる名演奏をご堪能ください。